一貫した清掃方法には、店独自の清掃マニュアルがあった

人気店に見る他店との違い

人気店や評判の良い店は、新しいからきれいなのではなく、清掃マニュアルをしっかり作り個人経営であれば経営者本人、また従業員が仕事の一つとして意識して取り組めるように環境をつくっています。
マニュアルがしっかりしているので清掃専門のバイトを雇えたり、店の営業に支障がきたさないよう調整しています。

大掃除とは違い日々の清掃であり、特殊なことではなく普段だれでもできる手順でマニュアル化されており、例えばこの部分にはこの用具を使ってと気持ちよく従業員が清掃できるように用具をきっちり揃えているところが多いです。
清掃の意識や価値観は人それぞれでありどこが一番きれいであって欲しいかチェック項目をしっかり考えてあるところでも大きな差があります。

実際のポイント、清潔感のある店の作り方

外観もポイントの一つと前項でも取り上げてきましたが、飲食店で毎日の掃除で大変な場所は料理や食品を扱う周りです。
厨房、ドリンク場やもしバイキングとしたらその取り皿周辺は必ず食べ物で汚れますし、見栄えや衛生面で一気に店のイメージは落ちてしまいます。
マニュアルでは調理台、食器、食台の拭き掃除は徹底されているところが多く、乾拭きや水拭きではなく除菌も含め用具も清潔なものを使用しています。
台拭きを置いてあるチェーン店もありますが、汚れを見つけたり客から言われたら清潔な布きんをもってきて拭き取り置きっぱなしにしない店の方が清潔感は上がります。

厨房をオープンにしている店もありますが、必ず洗浄台は見えない位置反対側にありガラス窓は飛び散らないよう距離を計算され必ず料理の合間で拭き掃除をされています。
人気店の厨房は一般家庭の台所よりピカピカで365日いつでも新品のように清掃が行き届いています。