• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

人気店になる条件に清掃が行き届いているがある

外食をするときお店に入ってテーブルに座る、何気なく食べていても見えてくるテーブルや床の汚れがあります。 一番気になるのは必ず使うトイレの中で、店によって全然様式から違うがほとんどの店はきれいに清掃されています。 利用する側にとって清潔感がある店は気持ちよく食を楽しめ、再来店したいと思わせます。 Read More

消費者が見た店の印象と、清潔感を一番感じる注目点

飲食店の清掃術というと、独特の厨房の中のコンロ台、換気口、フライヤー、グリストラップなど専門の調理道具の頑固な汚れを思い浮かべます。
新しい店が続々と進出している外食産業、飲食店でバイトの経験のある方も多いはずです。
始業前や終業後には、開店に関わる全ての道具や店内の清掃を行っていると思いますが、今人気店の清掃術を学ぶ動きがあります。
それはいくつかの会社が実施したアンケートにも繁栄されていますが、店内の清潔感が集客力や売上に大きく関わってきているからです。

今はトイレ産業といって、公共施設でもトイレのデザインに力を入れているのに代表されるようにトイレがきれいな店は料理の味以外にその店をプラスに印象付ける要素となっています。

清掃が行き届いている店として想像するのはホテルのレストランです。
宿泊施設は清掃がメインなので当然レストランもその清掃マニュアルに準じて整えているという印象から清潔感を受けやすいです。
実際に汚れた時などの従業員の対応が素早く、テーブルを空けるときは必ず床まで確認しさり気なく台拭き以外にもペーパーなどの用具も持ってきています。

中でも店の清潔感あるポイントとして挙げられているのが、トイレ以外に床と窓やショーウィンドーや戸、食器などに使われるガラスのきれいさです。
その店がどのように清掃に取り組んでいるか、経験者からの口コミもあり内部からの情報や実際利用して感じたこと、プロの紹介から見ることができます。
当サイトではそれらの情報を集約して清潔感ある店とは、人気店を例にあげています。

どうして汚れやすい店内、清潔感を保つコツを紹介、一般の立場から家庭にも使えるか検証していきます。

一貫した清掃方法には、店独自の清掃マニュアルがあった

繁雑時、開店前、閉業店後とシフトの従業員が清掃をする場合もあれば、清掃スタッフを雇い専門に清掃してもらう店もあります。 特に専門に雇う場合は個人の能力より清掃マニュアルを使ってきっちり行っているのが人気店の清掃方法です。 マニュアルには国の基準に合わせて清掃方法を決めています。 Read More

厨房の清掃術は家庭でも使える

飲食店で汚れの酷く一番清掃に力を入れるべき厨房は、一番清掃が難しい場所でもあります。 食の安全のため定期的に監査が入っており、毎日の清掃は行き届いています。 特殊な方法ではなく、その清掃術は家庭でもためらう台所まわりの清掃に共通できる点がいくつもあります。 Read More