頭皮や髪に効く

ニオイを抑えるシャンプーの条件

シャンプーの選び方

ほとんどの人が毎日髪の毛を洗いシャンプーをしているかもしれません。
少し古い話(昭和の話)ですが、お風呂が各家庭に普及するまでは銭湯に毎日は行かなかったと聞いたことがあります。
お金がかかりますから、例えば2日から3日に1回とかですね。
もちろん毎日に日課にしていた人もいると思います。(念のため)
真夏は厳しいかもしれませんが、冬季であれば我慢できそうです(笑)。

それはともかく、毎日のシャンプーが当然のようになると、24時間以上シャンプーしないというのは結構つらいものがあります。
かゆみもありますし、べたつきなどもあります。
さらに、においも気になるところです。
なにを言いたいかというと頭皮は汗をかきやすいということです。
ちなみに頭皮は皮脂腺と汗腺が最も場所でもあります。
頭皮を洗わずに放置しておくと、分泌される皮脂や汗が原因となってあの特有のにおいを発するのです。
頭皮の皮脂は加齢臭の原因でもあります。

また、髪の毛または頭部のにおいの原因は、それだけではありません。
髪の毛自体にもその原因がある場合もあります。
毛髪が健康な状態であれば、表面が膜でコーティングされた状態ですが、パーマやドライヤーなどで傷んでくれば、その力が弱まり外からのにおいをはじかずに髪の毛が吸収してしまうのです。
外部のにおいがつきやすく、それがにおいの原因にもなるのです。
意外にデリケートな頭皮や髪の毛ですが、においをシャンプーでケアする方法はあるのでしょうか。